指導碁で重視するものは?アンケート結果は上達が1位

こんにちは!ひかるです。

今回は
指導碁
についてです。

囲碁には指導碁という指導方法がありますが、実際どんな効果が期待できるのでしょうか?

今回はそんな指導碁について書きたいと思います。

指導碁とは?

指導碁はプロやアマインストラクター、アマ高段者などが行っている指導の一つです。

内容は、対局をしてその碁を検討するという場合がほとんどだと思います。
うわ手の考えや打ち方を遠慮なく聴ける機会なので、それを目的にしている方も多いです。
指導碁を受けようか悩んでいる方は、次の項目でアンケート結果を載せているので参考にしてみてください。

個人指導などに組み込まれているケースでは、
棋譜と検討をデータにして渡すなど、指導碁のアフターサポートがある場合もあります。

こちらの記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

教え方や指導碁としての打ち方も指導者それぞれだと思います。
どのような指導をされるのかあらかじめ知りたいという方はこちらも参考にどうぞ!

Twitterで指導碁についてアンケートをとりました

指導碁は単体はもちろん、イベントなどに付属されている場合も多く存在します。

では、実際に指導碁を受ける方はどういう理由で申し込むことが多いのでしょうか?

Twitterでアンケート調査をしてみました。
その調査結果がこちらです!
※今回は有料の指導碁に絞りました

自身の碁の勉強と上達のため」が65%と圧倒的ですね!

次点で指導碁をする棋士の応援や交流、値段がお手頃かどうか?
というものを重視する方が15~16%でした。

そのほかの理由としてリプも沢山いただき、参考になりました。
ありがとうございました!

 

ではこのデータをどう考えるか?
という次の段階を考察してみたいと思います。

結果をどう考える?指導碁の効果は?

まずダントツでトップだった
「自身の碁の勉強と上達のため」
は当然と言えば当然です。

しかしそれだけ指導碁を受けることが上達に関与する期待値が高いということですね。

 

また、一定数の割合で応援、交流を目的にされている方もいらっしゃいました。
指導碁は指導という名前が入っていますが、
応援したい棋士との対局や直接の会話を楽しみに申し込むこともできるので、楽しみ方が多くて良いですね!

 

続いて値段を重視される方もいらっしゃいました。
現実的な部分ですね。
有料の指導碁ということなので、切り離せない大事な要素だと思います。

市ヶ谷の日本棋院で毎日のように打たれているプロの指導碁の値段は以下のようになっています。
※入場料込み
※原則三面打ち


(引用:日本棋院HP

プロがこれくらいの値段なので、アマインストラクターであればもう少し安くなっているかなと思います。

ただ、アマインストラクターであれば強さや実績によっても値段が変わったりしますし、地域による相場などもあるかもしれません。
そのとき調べていただくのが一番確実だと思います。

アンケートをとったTwitterの年齢層は?

アンケートの結果について考えるときは、どんな方に答えてもらったか?が一つ大事であると考えています。

今回はTwitterを使ってのアンケートなので、Twitterを利用する年齢層からも考察したいと思います。

(引用:Social Media Lab

グラフを見る限り20代~40代が多いですね。
ビジネスの印象の強いFacebookと比べると比較的若い人向けの傾向があるようです。

Twitterを使っていて何となくそんな気もします(笑)

そのほかのご意見から考える

アンケートの選択肢とは別の理由を重視されるという方の意見を一つ挙げて考えてみたいと思います。

それは
継続して同じ人に指導碁を受けられるか?
というものでした。

指導者によって教え方や考え方が違うというのは、教え方はいくつもある!?初心者が迷わないために知っておきたいことでも紹介しましたが、指導碁を長い目でみたときに教え方やが違うのは少しやりづらいですよね。

そういう意味で、同じ人から継続して受けるほうが実になりやすいという需要も有るようですね。

指導を受けようと考えるときは
自分がどういう教わり方だと身につきやすいか?を考えることも大事です。

今後の指導碁のあり方を考える

自分もふくめ、囲碁を事業にする人(Twitterで宣伝をする人)にとっては市場調査は重要なデータです。
というか、業界全体でネットを使った市場調査をしている感じがあまりないので、自分の出来るかぎりのことはしておこうと思います(笑)

※全国の統計をそのままこのアンケートに用いますが、もともと匿名のSNSのアンケートなのでザックリと考えてみます。

今回のアンケートの総投票数は163票です。
20代~40代の方が多く投票してくれたとして、有料の指導碁は勉強や上達を目的として申し込む方が多いという結果でした。

ネットを介しているので地域は様々だと思いますが、オンラインでの特訓用指導碁会はそれなりに需要があるかもしれませんね。

逆にオフラインではファン向けの交流指導碁会が、棋士とファンの距離を近くしそうですね!
囲碁棋士ファン向けの交流イベントはすでにいくつもあると思います。
それらも今後紹介していきたいと思います!

今回はここまで~

人気ブログランキング投票
(クリックで投票します。よろしくお願いします!)

囲碁ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です