90歳を超えて活躍!?杉内寿子八段の魅力に迫る!


こんにちは!ひかるです。
今回はプロ棋士
「杉内寿子(すぎうちかずこ)八段」
の凄さをみなさんに知っていただきたいと思います!

2019年3月現在、92歳を迎える杉内八段ですが今でも囲碁への意欲が高く、
結果も出し続けている超努力家です。

囲碁のプロ棋士やプロ制度のことなどあまりよく知らない方も安心して読んでいただける内容になっているので、杉内八段の魅力を知っていただけたら幸いです!

90歳を超える年齢で勝ち進む努力!

何より注目すべきは杉内八段のそのエネルギーと努力量です!
囲碁を趣味にされている方は多いですが、プロの世界は一味違います。
囲碁のプロの世界は何よりまず勝負に対して厳しくしのぎを削る研鑚を積んで積んで沢山積んでようやく勝ち上がることができる世界です。

杉内八段はただ年齢が高く現役だから凄いのではなく、
そんな厳しい勝負の世界で今も勝ち進んでいることがなにより凄い事実だと僕は思います!

二十代の自分が言うのはおこがましいかもしれませんが、もし自分が90歳だったとして
厳しい勝負の世界の第一線で戦うことができるのだろうか?
勝ち上がることができるのだろうか?
そもそも常に向上心を持って取り組めるだろうか?

そう考えると杉内八段の長年にわたる凄まじい努力を垣間見ている気がして尊敬が湧いてくるのです…!

どれ程強いのかをわかりやすく解説

では杉内八段が現在どれだけ強いのかを最近の対局実績をもとに見ていきたいと思います。
まず1番最近では「女流本因坊」というタイトルをかけた棋戦で

予選を突破し本戦出場を果たしています!
※さらに自身の持つ本戦最年長出場記録を更新

ひかる

イメージがよく湧かないという方へ
「棋戦」はプロの囲碁大会
「本選出場」はプロの全国大会出場
という感じで考えてみてください!92歳で現役最前線なのです!

囲碁のプロになる試験はとても難易度が高い狭き門なのですが、
そんな門をくぐった女性プロ棋士たち約60人の中で勝ち上がっての本選出場はつまり
選りすぐり60人強の中でもかなり高い実力
を証明しているとも言えるでしょう。

しかもですよ。
囲碁には七大タイトルという大きな七つのリーグ(またはトーナメント)があるのですが、
そのリーグに入るには厳しい予選を突破しなければなりません。
その中で勝ち上がりリーグ入りするほどの棋士を相手に、杉内八段は今年1月に勝利しています!
女性棋士の中だけでなく一流(一流であるプロの中のさらに上位陣)の棋士にも引けを取らないんです!

最大の魅力は碁打ちとしての姿

今回本選に出場した女流本因坊戦の一回戦では非常に意欲の高い碁を見せていただきました。

そして対局の終局後このようなコメントを残しています。
短い動画もありますので是非リンクも見てみてください。

「疲れました。私の場合は、夫が最後まで現役として打ちましたので、私も打てるだけ頑張らなきゃと思っています。なかなか思うようには打てませんが、一局一局、打てるだけやろうと思います」
92歳の囲碁棋士 女流棋戦の本戦出場 最年長記録更新:NHK NEWS WEBより引用)

※杉内寿子八段の夫である杉内雅男九段はおととし97歳まで現役棋士でした

結果は負けてしまいましたが僕はまだまだ杉内八段を応援したいと思っています。
そして碁だけでなくコメントのように非常に謙虚な性格で、それでいて静かに努力をかさね
年齢による衰えを全く感じさせない杉内八段のその碁打ちとしての姿は

自分が碁を打つときも見習っていきたいと思っています!

今回はここまで~

ブログランキングに参加しています
↓のボタンをクリックすると投票されます。(ランキングページに行きます)
とても励みになるので応援よろしくお願いします!

囲碁ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です